ハローワークの工場求人の利用方法

町工場は一度の面接で採否が決まるケースが多い

ハローワークの工場求人の種類は様々ですが、都市部を除いては地域内の町工場のものが目立ちます。一般的に、中小規模の町工場がハローワークに掲載している求人は、一度の面接で採否が決まるケースが多く、すぐに新しい職場で働きたい人や、何度も面接を受けるのが面倒な人に向いています。一方で、少人数の作業員が仕事を回している町工場では、一人ひとりに求められる知識や技術の水準が高い傾向があり、即戦力とみなされる人以外はなかなか就職が決まらないことがあります。また、賃金や勤務体系、福利厚生などの点で魅力がある町工場の求人には、複数の地域のハローワークからの応募が殺到することもあるため、早いうちに職員に相談をして申し込み手続きを済ませることが大事です。

大手メーカーの工場は期間工が中心だが募集人数が多い

大手メーカーがハローワークに掲載する求人は、期間工など雇用期間が決まっているものが多いですが、一度に十人や百人単位で募集が行われることもあり、未経験者も採用されやすくなっています。大手メーカーの期間工の求人は、初めての人も安心して業務に臨めるよう、研修やマニュアルなどの面がしっかりとしており、工場で経験を積みたい人にもおすすめです。業績が良く若手の作業員が不足している工場においては、ハローワークから応募をして一定期間働いた期間工を対象に社員登用の選考が行われることもあります。そこで、将来的に正社員になりたい人は、求人に応募をする前に各社の社員登用の基準や、実際に社員登用された人の平均年齢などをチェックしておくと良いでしょう。